夫婦で4年の世界一周等80ヵ国550件以上の世界遺産を訪問!
世界遺産検定マイスターにも合格イェイ!
経験と知識を活かし、世界遺産を中心に写真と共に情報発信!
本ブログ掲載写真はFacebookでまとめてます!

子連れインドで9件の世界遺産を訪問!小学一年生(6歳児)と行くインド8日間の旅!

年末年始(2019-2020年)にインドのゴールデン・トライアングル(デリー/アーグラ/ジャイプール)をめぐる世界遺産旅行をイェイ!1号&2号は世界遺産訪問550件を達成し、当時6歳の1/2号(にぶんのいちごう)も世界遺産訪問50件を達成!思い出深い旅行となりました。というわけで、子連れインド旅行で訪れた世界遺産やルート、移動手段、ホテルなどの情報をご紹介イェーーイ!

ジャンタル・マンタル

世界遺産訪問550件達成を体で表現!インドの方のカメラ目線に全部もってかれた!@ジャイプールのジャンタル・マンタル

今回の内容は、セカイエツアー中に更新していた「旅日記」を思い出すようなまとめっぷりになっています!この記事の長さが、我ながら懐かしい!

なぜ子連れでインドをイェイしたのか?

世界80ヵ国500件以上の世界遺産を訪問しているセカイエにとって、難しいのが旅先選び!セカイエツアーの行き先には3つの条件があるんです!

セカイエ子連れ旅:旅先選びの条件
  • 1号と2号の世界遺産訪問件数が増えるところ
  • 1/2号の訪問国数と世界遺産訪問件数も増えるところ
  • 1/2号には有名な世界遺産を見せたい

この3つの条件を満たすところは、ロシアや北欧、アメリカなど色々あるのですが、予算面や冬の気温などを考慮して、あれこれ悩んだ結果、インド北部にビビビときたんで・す・YO!

500件以上の世界遺産をまわったセカイエにとって、世界遺産訪問効率の良い都市って中々ない!ただ1号と2号は約11年前のセカイエツアーで、インドの世界遺産を20件訪問済なのですが、ちょっとしたハプニングがあった関係で、世界遺産が3件あるジャイプールは未訪問だった!!というわけでインドは「1号と2号の世界遺産訪問件数が増えるところ」がまだまだある!

次の条件の「1/2号の訪問国数と世界遺産訪問件数も増えるところ」については、1/2号はインド未訪問のためクリア!イェイ!

そんでもって3つ目の条件「1/2号には有名な世界遺産を見せたい」ですが、北インドにはあの「タージ・マハル」がある!!「タージ・マハル」は間違いなく有名なので、こちらの条件もクリア!ヒノメミナー遺産も好きだけど、やっぱり1/2号には1件くらいは超有名な世界遺産を見せたいよね。というわけで、インド北部に決定イェーイ!

まあ、3つの条件がどうとか書いてきましたが、要は私たちインド好きなんで・す・YO!好き嫌いってやっぱり重要イェイ!

子連れインド!ルートと訪れた世界遺産

インドのゴールデン・トライアングル(デリー/アーグラ/ジャイプール)をめぐる8日間の旅です!8日間でなんと9件の世界遺産を堪能イェーイ!南インドのチェンナイを経由しているのはマイル使用の都合のため。航空券については記事の後半で触れています。

スケジュール 宿泊都市
1日目 成田からチェンナイ経由でデリーへ(飛行機) デリー泊
タージ・マハル・ホテル
2日目 デリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群 デリー泊
3日目 デリーのフマユーン廟
レッド・フォートの建造物群 デリー泊
4日目 デリー to アーグラ(電車)
タージ・マハル
アーグラ城塞 アーグラ泊
ホテル・タージ・リゾーツ
5日目 アーグラ to ジャイプール(車チャーター)
ファテープル・シークリー(移動中にイェイ!) ジャイプール泊
ホリデイ・イン・ジャイプール・シティ・センター
6日目 ジャイプールにあるジャンタール・マンタール ジャイプール泊
7日目 ラージャスターンの丘陵要塞群(アンベール城)
ラジャスターン州のジャイプール市街 ジャイプール泊
8日目 ジャイプールからチェンナイ経由で成田へ(飛行機)

子連れインド!世界遺産旅行ダイジェスト

それではインドのゴールデン・トライアングルをめぐる世界遺産旅行のダイジェストってことで訪れた世界遺産9件を、都市別にさらっとご紹介していきます!デリーとアーグラにある世界遺産のうんちくは11年前のブログに結構詳しく書いてあるのでそちらをどうぞ!ブログの最後にリンクを貼ってま・す・YO!

デリーでイェイした世界遺産は3件!インド門から約1kmの「タージ・マハル・ホテル」を拠点にオートリクシャー(三輪タクシー)で観光しました。

世界遺産「デリーのクトゥブ・ミナールとその建造物群」

クトゥブ・ミナール

熱心に撮影スポットを探す1/2号と2号。

インドで最も高い全長72.5mの塔は圧巻!1/2号もインド初の世界遺産ということで、張り切って写真を撮っていました。夕方に訪れたからか観光客が多くてびっくり!インドの学生さんが写真撮りまくりでした。やっぱりベストシーズンのデリーは観光客が多いね!アクセスはホテルからオートリクシャーで約30分。

世界遺産「デリーのフマユーン廟」

フマユーン廟

フマユーン廟の裏側はほとんど観光客がいないのでお薦め! 1/2号もご満悦イェイ!

ムガル帝国第2代皇帝フマユーンが眠る大きな霊廟。あのタージ・マハルの前身とも言えるお墓なんで・す・YO!赤砂岩と白大理石のコントラストが美しイェイ!「チャハル・バーグ」(四分庭園)と呼ばれるペルシア式の幾何学庭園も見どころのひとつ。1/2号はこの庭園でリスと戯れていました。アクセスはホテルからオートリクシャーで約10分。

世界遺産「レッド・フォートの建造物群」

レッド・フォートの建造物群

夜景も美しいレッド・フォート!

ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンがアーグラからデリーに遷都する際に築いた城塞!シャー・ジャハーンは「タージ・マハル」も造ったお方で・す・YO!チケットを購入するのに1時間以上並んだけれど、日没後のライトアップが見られたからイェーイ!アクセスはホテルからオートリクシャーで約20分。

デリーからアーグラへ電車で移動

3泊して3件の世界遺産をイェイしたデリーを出発してアーグラへ!ニューデリー駅を早朝6時発の電車「Bhopal Shatabdi Exp.」に乗りました。濃霧の影響か少々遅れ、9時40分頃にアーグラ・カント駅に到着。3人で1,920ルピー(約3,000円)。デリーのホテルで手配したので3人分の手数料が450ルピー(約700円)かかっています。

インド列車

スーツケースにもたれる1/2号がチラり。車内ではチケット代に含まれている朝食が配られました。

アーグラでイェイした世界遺産は2件!アーグラではタージ・マハルから徒歩15分ほどの「ホテル・タージ・リゾーツ」に1泊しました。実はタージ・マハルのもっと近くにホテルがたくさんあるのですが、バックパッカー向けのホテルが多く子連れには少々レベルが高い!ということで選んだのが「ホテル・タージ・リゾーツ」。タージ・マハルまでは徒歩だと若干遠いのですが、外にはサイクルリクシャー(自転車タクシー)が待機しているのでだいじょうV!清潔で設備が整っているホテルでした。

そして、テラスのレストランからはタージ・マハルが見えるんで・す・YO!私たちが訪れた時は天候が悪く、モヤがかかっているような空模様だったのですが、うっすらと見えるタージ・マハルも幻想的でイェイ感じでした!

世界遺産「タージ・マハル」

タージ・マハル

1/2号、6歳で世界遺産訪問50件達成!記念すべき50件がタージ・マハルとはさすが!

言わずと知れたインドで一番有名な世界遺産「タージ・マハル」!ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、若くして亡くなった最愛の王妃ムムターズ・マハルのために、ありったけのお金と時間を使って建てた霊廟!こちらで1/2号は世界遺産訪問50件を達成しましたイェーイ!アクセスはホテルからタージ・マハルの入り口近くまでサイクルリクシャーで約8分。サイクルリクシャ―は入口の目の前まで行けないので、最後、ちょろっと歩くことになります!

世界遺産「アーグラ城塞」

アーグラ城塞

アーグラ城塞の入り口を撮影しようとするも、観光客が多くて苦戦する1/2号と2号。

ムガル帝国第3代皇帝アクバルが建設した広大な城塞!中には宮殿、モスク、庭園などがあり都市としても機能していました。赤砂岩でがっちりと造られています。閉園間近だったので、駆け足で観光イェイ!アクセスはタージ・マハルからオートリクシャーで10分程度。

アーグラからジャイプールへ車で移動!

アーグラとジャイプールの間には「ファテープル・シークリー」と「ケオラデオ国立公園」の2つの世界遺産があるのですが、時間の都合上「ファテープル・シークリー」だけ寄ることにしました!アーグラのホテルからジャイプールのホテルまで(ファテープル・シークリー経由)は車をチャーター。気になるチャーター代は、アーグラで泊まっていたホテルで手配して5,500ルピー(約8,500円)。11年前はローカルバスでゴリゴリ移動していたセカイエですが、さすがに子連れだと車をチャーターしたりします。

アーグラからファテープル・シークリーまで車で約1時間半。ファテープル・シークリーからジャイプールまで約4時間です。朝10時半頃にアーグラを出発。ファテープル・シークリーに12時頃に到着して約3時間観光。ファテープル・シークリーを15時頃に出発しジャイプール到着は19時頃でした!道の舗装も良かったので、車酔いすることもなく快適に移動できました。

インド移動

ファテープル・シークリーの観光を終えるまでこの駐車場で待っていてもらうため、運ちゃんと車のナンバーを記録すべく1/2号と写真撮影!

世界遺産「ファテープル・シークリー」

ファテープル・シークリー

撮影スポットをどん欲に探す1/2号!

ムガル帝国第3代皇帝アクバルが築いた都の跡地!アクバルの時代にアーグラーから遷都してきたのですが、水不足やらで14年間だけしか使われなかった都なんです。こちらの写真は五重塔「パンチ・マハル」。皇帝が涼しむのに使われていたそうな!アクセスはアーグラから車で約1時間半、ジャイプールから車で約4時間。

そして最後の拠点ジャイプールでイェイした世界遺産は3件!ジャイプール駅から南に約2kmの新市街に位置する「ホリデイ・イン・ジャイプール・シティ・センター」に宿泊しました。

世界遺産「ジャイプールにあるジャンタール・マンタール」

ジャンタール・マンタール

写真撮影はワキを締めて!

この地を治めていたマハラジャのジャイ・シン2世によって建造された天体観測施設群!こちらのちょっとマニアックな世界遺産で、1号と2号は世界遺産訪問550件を達成イェーーーイ!!その様子は「元旦に世界遺産訪問550件達成!インドの世界遺産「ジャイプールにあるジャンタール・マンタール」!」をどうぞ!アクセスはホテルからオートリクシャーで約20分。

世界遺産「ラージャスターンの丘陵要塞群」

アンベール城

アンベール城の名物ゾウタクシーに乗ってマハラジャのように入城!

インド北西部ラジャスタン州にある6つの城塞が世界遺産「ラージャスターンの丘陵要塞群」として登録されているのですが、その1つがジャイプール郊外にある「アンベール城」。その昔アンベールは王国の首都として栄えていました。アンベール城は16世紀にアンベール国王のマン・スィン1世によって建設され、その後も増改築が繰り返され現在の姿になりました。城塞なので外側はしっかりとした造りなのですが、内部は繊細なフレスコ画や彫刻など装飾も見事なんで・す・YO!アクセスはホテルから車で約40分。

世界遺産「ラジャスターン州のジャイプール市街」


1/2号による新年のご挨拶を撮影イェイ!

最後にご紹介するのは、2019年に世界遺産になったばかりの「ラジャスターン州のジャイプール市街」。ピンク・シティと呼ばれている美しいジャイプールの街が世界遺産として登録されています。こちらの動画は「風の宮殿」の向かいにある「The Tattoo Cafe」という有名なカフェで撮りました!1/2号セレクトのピザも美味しかったっですし、おすすめのカフェで・す・YO!アクセスはホテルからオートリクシャーで約20分。ちなみに「風の宮殿」と「ジャンタル・マンタル」は徒歩約10分です。

そして日本へ帰国

ジャイプールから南インドのチェンナイまでは「IndiGo」というLCCでGO!チェンナイ経由で成田へ帰国しました。

インド飛行機

ちょっと珍しいタラップでGO!

子連れインド!航空券は?

航空券は「成田 - チェンナイ」の往復と、「チェンナイ - デリー」の片道、「ジャイプール - チェンナイ」の片道チケットを事前に購入しておきました。なぜ北インドをまわる旅なのに、南インドのチェンナイに飛んだのか?それはANAがハーフマイルキャンペーンをやっていたからなんで・す・YO!

航空券が高い年末年始こそ何とかマイルを使いたい!けれどマイルが足りない!と出発の1週間前まで悩んでいたところでふと目に入ったのが、ANAのチェンナイ・ハーフマイル・キャンペーン!ハーフなら3人分の航空券が手持ちのマイルで発行できる!インドに行きたいけれど子連れだとちょっと難しいかなとか考えていたのが吹き飛び、ささっとチェンナイ往復航空券をマイルでGET!ANAだと座席指定も追加料金なし!荷物も23kgまでOK!機内にオンデマンドビデオもあるから、1/2号も退屈しなそうでイェイ!

ただし1/2号はアレルギー持ちなので、事前にANAに電話して特別機内食 27品目アレルゲン対応食というのを用意してもらいました。27品目を使わないでこのメニューを作っちゃうのにびっくり!!若干渋いメニューですが、機内でアレルギーの心配がないって本当にありがたいんです!

アレルギー対応機内食

ANA 27品目アレルゲン対応の機内食

日本脱出のチケットをGETした後は、インド国内移動の航空券探し!北インドのデリー、アーグラ、ジャイプール間は電車や車で移動できますが、チェンナイとなると北インドからは遠いため、飛行機でイェイ。「チェンナイ⇒デリー」はエア・インディア、「ジャイプール⇒チェンナイ」はIndiGOをwebで手配しました。

子連れインド!オートリクシャーと配車アプリで駆け抜ける!

インド国内では、短距離はオートリクシャー、郊外の世界遺産など長距離移動は配車アプリの「Uber」と「Ola」など車を利用していました。

オートリクシャー

インドの街並みとオートリクシャーは実にイェイ感じ!

渋滞が深刻なインドでは20分くらいの移動であれば小回りのきくオートリクシャーが便利!1/2号も、1号と2号の間に挟まれてオートリクシャーを乗りこなしていました。

インド車

ジャイプールでは車窓からピンクシティの街並みを堪能イェイ!

1時間以上かかる移動は車を利用。最初のうちは車をホテルで手配してもらっていたのですが、ある時ジャイプールで「Uber」を利用してみたらその便利さにびっくり!値段交渉もないし、インドならではの「俺の友達の土産物屋にタダで連れて行ってあ・げ・る・YO♪」としつこい営業をかけられることもないし、目的地まで最短距離で行ってくれます!ただ運転手さんは英語があまり得意ではない方が多いので細かい交渉をするのは難しいかもしれません。それでも私達の運転手さんは、ちょっとここで写真撮りたい!というお願いを聞いてくれたりもしました。インドでは「Uber」の他にインド資本の「OLA」という配車アプリも有名です。私は「Uber」と「OLA」のアプリを両方スマホにインストールしておいて、早く来てくれそうな方を利用していました。配車アプリの細かい使い方は日々変わってくるので良く調べてから安全に利用して下さいね!

子連れインド!なかなかカレーが食べられない!

非常食

持ち込んだ食材の一部。これ以外にもいっぱい持っていきましたYO!

実は1/2号は重度のナッツアレルギー。そのためお湯を注げば食べられるカップラーメンや災害時用のアルファ米など、どこの山奥に行くんだってくらい食材を持ち込みました。1/2号は持ち込んだものを中心にホテルで食べて、時々現地のレストランで日本食(デリーのみ)、マクドナルド、ナン、ピザ、ラザニア、パンなどを食べていました。インド料理はナッツを用いるものが多いため、かなり気をつけていたのですが、マフィンに入っているのに気づかずに食べてしまいアレルギー症状を起こしてしまうことに!!一応現地で病院に行ったのですが、大事に至らずほっとしました。世界一周中に海外で病院に行った経験が、こんなところで役に立つとは。。。

日本食

デリーのコンノート・プレイスにある日本食レストラン「富士」。ラーメンでまったりイェイ!

そんなわけで、大人の1号&2号も有名レストランでカレーを堪能!というのは難しかったのですが、ルームサービスなどで時々インドの味を楽しみました。友達が1/2号にインドで何が美味しかった?と聞いたところ「ゆで卵」という回答が!確かに毎朝ゆで卵食べていたね。ナッツアレルギーにはゆで卵は最強です!

ちなみに、2018年のお正月にネパールに子連れで訪れたのですが、ネパールの方が日本料理屋さんもたくさんあるし、ネパール風餃子の「モモ」など子供でも食べやすいものが多かったです。ネパールのお話はまたいずれ。

子連れインド!ビザなど、その他の基本情報!

まずインドに入国するにはビザが必要です。私達が申請したのはeツーリストビザ。事前にオンラインで必要事項を入力しビザ代を振り込みます。必要事項の入力が3画面にわたって膨大ですが、事前に支払いもできるし、インド大使館に行く必要もないので便利だと思います。インド入国もスムーズでした!

気候ですが、私達が訪れたお正月はインドの乾季にあたりベストシーズン。日本よりは少し暖かく薄手のコートがあるとちょうどよいくらいでした。ただタージ・マハルなどは濃霧がすごかった!

ホテルはリッチな立地で外国人ビジネスマンなどにも人気のありそうなホテルを日本からネットで予約していきました。11年前のバックパック担いでいたころと違って今回は子連れってことで、ホテルでリラックスできるようにある程度のホテルを選びました。

ガイドブックはこちらの3冊をフル活用!


「地球の歩き方」はもちろんですが、るるぶも写真が綺麗で見やすくてイェイ!そして結構役立ったのが「aruco」。観光地の見どころが写真満載でコンパクトにまとまっていて、持ち運びにもイェーイ!

子連れインド!最後に1/2号の感想!

学校で絵日記を描く時間があったようで、家に持って帰ってきたとき、その内容に衝撃を受けました!

題名「インドにりょこう」!

絵日記

[左上]イメージしていたインドはピカピカにキレイ、[中央上]実際はゴミだらけ、[右上]ホテルの部屋(好印象)

実にうまくインドを言い表しているではありませんか!もう1回行きたいのか、行きたくないのか、さぁ、どっち!?

以上、9件の世界遺産をイェイした子連れインド旅行のご紹介でした!イェイ!イェイ!イェーーーイ!

deal-image

前の記事

世界遺産フォトギャラリー更新:インド「ジャイプールにあるジャンタール・マンタール」

deal-image

次の記事

キッズ世界遺産ニスト(7歳)!Twitter投稿の様子を動画でご紹介!


この記事と同一カテゴリの記事!(カテゴリ:旅行)
元旦に世界遺産訪問550件達成!インドの世界遺産「ジャイプールにあるジャンタール・マンタール」!

元旦に世界遺産訪問550件達成!インドの世界遺産「ジャイプールにあるジャンタール・マンタール」!

年末年始でインドのゴールデン・トライアングル(デリー・アーグラ・ジャイプール)を巡る世界遺産旅行をイェイ!2020年1月1日、元旦のおめでたい日に、インドの世界遺産「ジャイプールにあるジャンタール・マンタール」で、遂に世界遺産訪問550件を達成しました!6歳の1/2号(にぶんのいちごう)も世界遺産訪問50件を達成イェイ!イェイ!イェーイ!

続きを読む
ヘリコプターでイェイ!仁徳天皇陵でおなじみ!大阪の世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」に行ってき・た・YO!

ヘリコプターでイェイ!仁徳天皇陵でおなじみ!大阪の世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」に行ってき・た・YO!

現在、世界遺産検定3級の勉強を頑張っている1/2号ですが、夏休みに5件の世界遺産をイェイしてきました!今回はその中から、今年世界遺産になったばかりの世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」(大阪府)を対談形式で振り返りながらご紹介!小学一年生ならではの感想をお楽しみ下さい!イェイ!イェイ!イェーイ!

続きを読む